京都・西陣の古書店 京都スターブックスのブログ

古書組合の市場での様子や映画、本の事などを書いています。買い入れのご相談は090-3912-2402までお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都で8月の洛書会、大坂で金曜クラブ

市場が少ない8月にあっては、貴重な市場に今週は2回出かけた。
火曜日は京都で洛書会。出品は洛書会らしく多目。映画関係に目につくものはなく、帰ろうかと思ったが、少しでも仕入れは必要なので、座って丁寧にみる。落語の本とかなんだかよくわからないけど面白そうな口をはじめそこそこ落として帰る。まあこんな感じでも仕入れはしないといけない。
明けて水曜日は大坂組合で金曜クラブ。今月は振りがなしで、置き入札のみ。例によって今読んでいる藤原審爾の「昭和水滸伝」を読み耽っていたらアッという間に到着。金曜クラブらしく、背のついた本の少ない、しかし魅力的な出品が2階を埋め尽くしていた。振りがあればこんなもんではないだろうとは思うが、それにしてもこの市場はアナーキーだ。もしかしたら、古本屋とかいう概念はこうやってなくなっていくのだろうと思う。いや、すでに古本屋は普段、普通の人が会社の行き帰りに読むような本を主に取り扱ってはいない。
今日は、どうしようかと悩んだが、結局2件だけ入れて帰る。映画のポスターとかチラシもあったが、筋がよくない。知らない仏様より知ってる鬼に入れるのが普通だが、辛抱して入れなかった。結果は欲しい映画の台本だけが落ちて、一応満足。満足のレベルが低い。でも買えなかったら後悔しただろうという品はこれだけだったので市場に行ったかいはあった。
それにしても、藤原審爾の「昭和水滸伝」は面白い。ショートセンテンスのキレがいい。登場人物のキャラがいい。こんなに面白い小説はなかなかない。来週も豊書会の特別市があるので、続きを読むのが楽しみだ。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/30(土) 00:11:20|
  2. 古書組合の事など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都組合で京書会

週末から市内、福知山に甚大な被害を出した大雨も去って、今日はクソ暑い。貴重な仕入れの機会なので早めに市場に入る。下鴨納涼古本祭の最終日がひどい雨で、(ただすの森)催事場が川とか池状態になっていたのを知っていたので、お見舞い方々、知り合いの本屋さんとひとしきり話す。新聞やテレビで見たが、すさまじい雨で、本とか紙物ものには一番つらい。
初日を雨で流したあげく、最終日が大雨で、浸水どころか、目の前が川状態では、今年はアンラッキーと言う他ない。これで10年分ぐらいの悪運を払ったと思うしかないでしょう。京都以外の遠いところから参加されたお店もあり、皆様お疲れ様でした。
今日は早い時間のため、人影まばらな市場で、色々と隅々まで見るも、あまり食手の動くものがなく、2件だけ入札して、座らないで帰る。
去年と同様、今年も8月は仕入れが厳しい。帰宅して在庫の整理をしたら、例によってあまりいいとは思えず気分が萎える。しかし、下鴨で苦労したご同業の方の事を思えばそんな事は贅沢か。いや、それはそれ、これはこれで納得はいかない。
引越しの時は、思わぬところからお金を見つけてラッキーと思うようなことはままあるが、在庫整理をしていて、これは凄いなあと思うような品物には何故か出会わない。在庫が薄いという事でしょう。
  1. 2014/08/19(火) 23:58:04|
  2. 古書組合の事など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下鴨納涼古本祭り 

お盆に入った京都はなにかと忙しい。
うちには父をはじめ仏様は多数いらっしゃるので、まずは鐘をついて迎えに行く。本当は、この世とあの世の境にある六道寺に行かないといけないが、近くに鐘をつかせていただける千本釈迦堂があるので、今年も行って、仏様の数だけ鐘をついてきた。通称、「おしょらいさん」という仏様に備える様々な品物とお花を買って仏壇に供える。これで、お盆の間は、8/16に大文字の送り火で先祖の霊があの世に帰るまでは、家の仏壇に仏様はいらっしゃる事となる。
火曜日には檀家になっている菩提寺からお坊さんがわざわざ家までお参りに来てくださった。ほんのわずかな時間だが、仏壇にお坊さんのお経聞きながら手を合せる。昔からこうやってお盆を過ごして来た習慣は素晴らしい。今年もいつもと同じようなお盆が過ごせそうだ。
昨日は、こちらも毎年恒例の「下鴨納涼古本祭」を見学に行った。京都のいつもお世話になっている古書店の皆様に挨拶しながら会場を廻る。今年は台風のため、初日が中止になり8/12からの5日開催になったらしい。家族連れやら古本マニアやら、観光客やらも混じって大盛況。面白そうな本も盛りだくさん。売れても売れなくても楽しそうな感じがとてもいい。これこそ本当の意味でのお祭感があった。普通の百貨店とか催事場でやる古本祭りは、催事という感じが全面に出るが、ここは違う。これだけの人に来て頂けるというのは長い年月やって来た賜物でしょう。来年は見に行く方ではなくて、出る方でこの祭に参加しようと思いながら会場を出た。家に帰って大分経ってから、下鴨神社にお参りするのを忘れた事に気づいた。これはいかん。今度御詫びに行こう。 続きを読む
  1. 2014/08/14(木) 23:51:26|
  2. 古書組合の事など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都組合で洋書資料会

今週の火曜日は京都組合で洋書資料会。8月は毎年、催事やらお盆やらがあって市場が少なく仕入れが難しい。
蒸し暑い中、いつもより早く市場に入る。同人なのであたり前だが、準備やら品物を並べたりしたが、まずまず質も量もいいので、見るのに夢中になったりした。ところが、期待に反して、来会者がなかなか来ない。
暑いからか、忙しいからかは不明だが、とにかく人が少ない。他府県からいつも来る、あるいは来そうな人が誰もいない。
いつもより安いであろう値段で品物は落札されてゆき、市場は無事終了。
例のごとく、映画のポスターやらプレスやら、雑誌やらを色々買えたので、仕入れには満足できた。
かつて洋書資料会で活躍された方が顔を出されていて、食事もご一緒する事に。お元気で、そのありようにまず、感銘を受けた。私より40才も年上になると聞いてまた感動した。戦争にも行かれたらしく、背筋の伸びが違う。40年後の自分を想像しても仕方ないが、人はその人によって老い方が違う事は確かだ。父は彼ほど長くは生きなかったが、最後まで仕事をしていた。生涯現役というのはどんな職業でも素晴らしい。いつまでもお元気でおられるように願う。
  1. 2014/08/07(木) 23:29:23|
  2. 古書組合の事など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KSB店主

Author:KSB店主
<当店の案内>
<屋号>
株式会社京都スターブックス

所在地:京都市上京区中立売通千本東入丹波屋町366-2西陣マルマハイツ1F

営業形態:無店舗
<問い合わせ>
電話:090-3912-2402
FAX:075-463-5352
メール:dkfrm209@kyoto.zaq.ne.jp

<店主よりご挨拶>
映画、演劇、芸能、アイドル、音楽、スポーツ、SF、ミステリ、鉄道、歴史、美術、哲学、文学、絵葉書、引札、観光案内、写真、古文書など幅広く取り扱っております。
買い入れについては、独自のシステムでお客様の利益になるような方法を提案いたします。どんな品物でもまずは、ご相談下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
オークション関係 (7)
映画について (3)
古書組合の事など (52)
お知らせ (3)
本 (4)
その他 (2)
競馬 (1)
野球 (3)
スポーツ全般 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。