京都・西陣の古書店 京都スターブックスのブログ

古書組合の市場での様子や映画、本の事などを書いています。買い入れのご相談は090-3912-2402までお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大坂組合で金ようクラブなど

今週の水曜日は大坂組合の金クラに顔を出す。ポスターとかカレンダーなどの紙ものを午前中に振りにかけるという情報があり、できるだけ早く着くように頑張ったが、着いた時には終わっていて、お昼休みだった。
冴えない気持ちで、休憩室でだべっていたら、大坂組合の同業者から、月曜日(7/21)に名古屋であった通常市の「千中会」に映画のポスターが2000枚でたという話しを小耳に挟んだ。落札価格は180万円。某関西の映画専門店が落札したという。
内容を聞いて、もし、その場にいても200万円は入れられなかったと思う。こういう話は時々耳にするし、さ程気にとめるほうでもないが、今回はおおいに刺激を受けた。この情報を聞き流したり、羨んだり、あるいは批判したりする事は簡単だが、現実に買った同業者がいるなら、おおいに自分自身の至らなさの反省材料にしたい。これだけの金額を入札するには、それなりの目利きに自信がなければできないし、できても現実に入札するには度胸もいる。今の自分にそこまでの能力はないと思った。いつか、身動きできないような金額を入札するような品物に出会いたいと思う。金があれば誰でも買える、誰でも入札できると思うのは素人だ。「今が勝負の時だ」とわかるには時間も経験もいる。品物に心底、取りつ憑かれた古本屋になりたい。もうあと戻りしないなら、そうなりたいと願う。
この話しを聞いたから、必要以上に高い金額を入札する事のないように気をつけて、映画のパンフ1件だけ入れて帰った。
この品物は無事に落札。手に入れた品物に感謝しながら仕分けをした。どんなにいい品物でも、自分のものではない品物より自分の品物が可愛い。大切に売ろう。
金曜日は京都組合の京美会に行く。
自分の手にあまる品物ばかりで、手も足もでない。帰宅したら、もう今週の事は忘れて、8月の洋書資料会の事を考えた。出すものがない。せめてたくさん買って貢献しよう。 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2014/07/27(日) 23:51:12|
  2. 古書組合の事など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨーロッパ企画 「京都ニューシネマ」 

昨日、ガケ書房さんへ映画のパンフを200冊納品に行った帰りに、四條烏丸の「京都シネマ」で、夜遅い時間からやってる
ヨーロッパ企画の「京都ニューシネマ」を観た。

ヨーロッパ企画は、同志社大学で演劇をやっていたメンバーが独立して、旗揚げした演劇集団でもう15年ぐらい活動している、その道では知られた演劇集団で、彼らが製作した映画はすでに多数あるらしい。
演劇公演がメインの集団の製作した映画なので、学生の自主制作の雰囲気を色濃く残している。短編、中篇、長編と尺の違う4本立で、大いに楽しめた。
実験映画的な短編や主義主張が全面に出た中篇、重いテーマをコメディに仕立てた長編など、やりたい事をできる範囲で実現したという点でとても好感がもてる。
全国公開されるような映画だけが映画ではないという、あたり前だが、普段は意識することもない事をあらためて確認できた。
お芝居をメインに普段活動している集団が、作りたい映画を作りたいように作る。考えてみれば贅沢な事でもある。
今後、プロである彼らが、どんな映画を作るのか楽しみだ。作品もそうだが、ヨーロッパ企画は映画とどう関わるのかに興味がつきない。役者として、名の知れた監督の新作に出演するのか。お芝居の脚本を映画に仕立てて1本作るのか。案外、映画
というメディアと上手く関わる事が、この集団をよりメジャーにする可能性があるように思う。
  1. 2014/07/21(月) 00:34:24|
  2. 映画について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都組合で7月の京書会

今年の祇園祭も今日が宵々山にあたる。毎年この時期になると京都は暑い。
ところが、今年は何故かそれほど暑くない。ここ数年の、息もできないような暑さはまだない。今日も市場に行く道すがら、時折吹く風が気持ち良かったくらいだ。もっと暑いはずだ、などとマゾ的な気持ちをかかえて市場に到着。
目録で、建築関係の本がたくさん出ているという事なので少し興味があって来たが、入札したくてもできそうもない廻しは面白くない。
壁に積んであった映画関係の本の山にトライして、落札。映画の本だから入札するしかないと思って入れたら落ちた。
所謂、典型的な本を売るのは難しい。店舗のない立場なので、店に並べておけばいつかは売れるだろうという見込みもない。
全体の10%ぐらいはいい本があったと思う。しかし、残りの90%はどうするか頭が痛い。それは古本屋が常にぶつかる問題なので愚痴を言っても始まらない。
明日、祇園祭の宵山で交通規制にかからないように取りに行くのが面倒だ。どうせ出かけるなら、祇園祭を少し見物しよう。祇園祭りは参加するお祭ではない。ありがたく、見せて頂くお祭です。
  1. 2014/07/15(火) 23:42:07|
  2. 古書組合の事など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KSB店主

Author:KSB店主
<当店の案内>
<屋号>
株式会社京都スターブックス

所在地:京都市上京区中立売通千本東入丹波屋町366-2西陣マルマハイツ1F

営業形態:無店舗
<問い合わせ>
電話:090-3912-2402
FAX:075-463-5352
メール:dkfrm209@kyoto.zaq.ne.jp

<店主よりご挨拶>
映画、演劇、芸能、アイドル、音楽、スポーツ、SF、ミステリ、鉄道、歴史、美術、哲学、文学、絵葉書、引札、観光案内、写真、古文書など幅広く取り扱っております。
買い入れについては、独自のシステムでお客様の利益になるような方法を提案いたします。どんな品物でもまずは、ご相談下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
オークション関係 (7)
映画について (3)
古書組合の事など (52)
お知らせ (3)
本 (4)
その他 (2)
競馬 (1)
野球 (3)
スポーツ全般 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。