京都・西陣の古書店 京都スターブックスのブログ

古書組合の市場での様子や映画、本の事などを書いています。買い入れのご相談は090-3912-2402までお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都で3月の洋書資料会

昨日は京都組合で私の所属する洋書資料会があった。出掛けに雨模様で憂鬱な気持ちを抱えて出かけた。
人は少なめながら、荷物はそれなりにあって量も質もまずまず。映画のポスターやらパンフ、チラシもある。会の運営もあるが、入札もしっかりしなくてはいけない。
出品のお手伝いなどをして、昼飯のあとに入札。勢いがついてかなりの荷物に入札したが、結果は想定の範囲内。止め札に負けたりして不完全燃焼な部分もあるがまずまずの買いはあった。
「止め札」というのは、出品者がこれ以下では売らないという意志表示の金額を入札しておくもので、いくら考えて入札しても、この札に届かなければ買えない。出品者の利益のみを守るシステムで、なかなか手ごわくて良くできたシステムだと言える。今日は比較的出品者の買い引きが多かった。
この制度については、市場での仕入れに頼っている私などは色々言いたい事が山ほどあるが、市場というものの存在を考えれば文句は言えない。
今月の名古屋の大市を振り返ってみれば、結局市場での価格というのは相対的なもので、絶対的な相場はないとつくづく思う。価格があらかじめ決まっていない市場での競走入札という本来の意味からすれば「止め札」はルール違反だが、出品者に身銭を切るような事をさせると市場はなりたたないので、致し方ない。
ただ、「止め札」がいくらであろうと、次に同じものが出てきたら、同じ金額しか入札はしない。相場は自分の頭の中にしか存在しないのだから当然だ。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/20(木) 00:25:25|
  2. 古書組合の事など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都組合で京書会

先週金曜日の古典会には個人的な理由でいけなかったので、今週の京書会は少し気合いを入れて行ったが、品物が少なくどうしても欲しいものもなく、結局入札せずに帰る。
市場に品物を取りに行くという用事がないのは寂しい。京都以外の市場での落札品は送られてくるのを待つしかないが、京都の市場の落札品は取りにいける。この瞬間はどんな品物であってもうれしい。苦労して入った大学の正門をくぐる時のような気持ちだろうか。

今日は1日雨で、気分が盛り上がらない。冷たいながらも、春を感じさせる雨だった。真冬の濡れただけで風邪をひきそうな雨とは違う。春は近い。うれしい人が多いだろうが、自分的には少し寂しい。清潔できれいな冬の晴れ間にまさる日は春にはない。春はどことなく憂鬱だ。日本では4月がすべての学校の新年度のスタートになっているが、これが良くない。会社も、役所も新年度になるところが多い。それも良くない。こんな憂鬱な季節に新しい事を始めるのはやめて、秋スタートにすれば世の中は変わるだろう。どうでもいい事のようだが、やってみればいい。あたり前だと思っている事で簡単に変えられるのにやらないのは何故だろう。結果が同じなら変えてみた方がいい。変えられるものを変えないのはただの怠慢だ。
  1. 2014/03/13(木) 22:51:45|
  2. 古書組合の事など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋組合大市など

先週の日曜日は名古屋組合で大市があり、朝早く起きて参加してきた。
事前の目録で、その質と量についてはすでに確認していたので、行ってみても驚きはしなかった。
日曜日なので今回は自分の入札をした後、開札を時間一杯まで見てから帰ったが、想像以上に激戦で、落札値はどれもこれも高かった。
落ちたら支払いが心配だとか思っていたが、落ちないからそんなものは関係なかった。想像以上に落ちない。こんなんでいいのかという気持ちと、仕方ないという気持ちが半々だったが、見ごたえ十分の市場だった。映画関係の少ないサブカル系の品物が多くて苦戦は予想していたが、それにしても隙がなかった。全国から集まった同業者の底力を感じた、いい市場だった。昔から落札値にはあまり関心がない方なので、今回の市場の値段についても、いちいち気にはしていない。競争相手との相対的な力関係で値段は決まるので、自分の値踏みを信じて入札するしかない。
今回の名古屋の市場について感心したのは、その運営についてだ。カタログは素晴らしい出来栄えで、内容がわかりやすくて興味深い。会場も来客に気を配って運営されているし、気分がいい。
やはりあれだけの人を集められただけの事はあると思う。
送られて来たわずかな落札品に感謝しながら整理をした。自分の手元にない品物の事は早く忘れるべきだ。今週も市場はある。
  1. 2014/03/10(月) 00:02:40|
  2. 古書組合の事など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KSB店主

Author:KSB店主
<当店の案内>
<屋号>
株式会社京都スターブックス

所在地:京都市上京区中立売通千本東入丹波屋町366-2西陣マルマハイツ1F

営業形態:無店舗
<問い合わせ>
電話:090-3912-2402
FAX:075-463-5352
メール:dkfrm209@kyoto.zaq.ne.jp

<店主よりご挨拶>
映画、演劇、芸能、アイドル、音楽、スポーツ、SF、ミステリ、鉄道、歴史、美術、哲学、文学、絵葉書、引札、観光案内、写真、古文書など幅広く取り扱っております。
買い入れについては、独自のシステムでお客様の利益になるような方法を提案いたします。どんな品物でもまずは、ご相談下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
オークション関係 (7)
映画について (3)
古書組合の事など (52)
お知らせ (3)
本 (4)
その他 (2)
競馬 (1)
野球 (3)
スポーツ全般 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。