京都・西陣の古書店 京都スターブックスのブログ

古書組合の市場での様子や映画、本の事などを書いています。買い入れのご相談は090-3912-2402までお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都組合で大市、洋書資料会など

少し寒さが緩んだ先週末は京都組合で大市があった。目録を見るか限りは京都らしい、つまりは黒っぽい、なかなか手ごわい物が多く、今年も苦戦必至と思っていた。ところが、金曜日の下見に行ったら、和本、かさ物や見事な軸、版画、堅くていい本の山などに混じって映画のポスターやらパンフがある。
全体を見渡したが、つまりはこれを買うしかない。特にポスターはなかなかウブイ。あれこれ考えながら帰宅。

明けて本番の土曜日。時間がとれるので、朝から行ってじっくりと見る。開札までと思ったが、珍しく体調が悪い。結局は入札だけして帰る。

月曜日に結果を聞いたら、予想通りポスターだけはすべて落札。悩んだ上に一番あれこれ考えた戦前のパンフの口は落ちない。だいたい、欲しいと思って悩んだものは落ちないし、落ちても儲からない。

火曜日は品物の確認と支払いもあり、今年初めての洋書資料会へ。大市の直後の割には品物が多い。
映画のパンフ、ポスター、チラシ、プレスが並んでいる。事前に目録で知っていたので、驚きはしない。玉石混交なので、内容を吟味して、入札。量はあったが質は今ひとつ。お目あてのポスターを含めまずは満足の落札。

明日か、あさってには大市の分と合わせて引取りに行こう。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/29(水) 00:43:25|
  2. 古書組合の事など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都組合で今年最初の古典会

今週の金曜日は今年最初の古典会があった。来週末の大市の関係で今月は古典会が1回のみの開催になる。
目録を見ても力の入りようはわかるので、かなり期待して出かけた。
例によって、必死で品物を見たものの、自分の甲斐性では、入札できるものがない。未練がましく、市場を廻ったが、結局のところなにも入札できずに帰る。
敢えて入札せずに見送るのか、自分の見識がなく入札できずに見送るのかは、似ているようで大きく違う。今日は自分の見識及び甲斐性のなさに少し落胆した。自分に向いたものがないから入札しないというなら、新しい局面は生れない。
あほらしいと思うような札でも入れればいいが、今日は何も入れられなかった。

昔、電気メーカーの営業職で働いていた時に先輩にこんな言葉を頂いて、それは長く、いや今でも自分の心に残っている。

「自分が売った事でできた数字と、自然に売れた事でできた数字では天と地ほど差がある。営業は売るのが仕事だから、
 売れたのはただラッキーなだけだよ。」

古本の市場でも同じ事が言える。その品物を「買った」のか、あるいは「買えた」のかでは、結果は同じでも意味は大きく違う。
「買った」ものと「買えた」ものの違いこそが、古本屋にとってのプロとしての矜持だろう。
  1. 2014/01/19(日) 23:17:18|
  2. 古書組合の事など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都組合にて今年最初の京書会

今日は、比叡降ろしという京都の冬に良く言われる寒風が身にしみる。寒い中でも市場があれば行くのは当たり前。
予定よりかなり早く着いたが、人も、物も今日は少なめ。
何かないかと目を皿のようにして見たが、今日はさすがに入れる物がない。無理すれば入れてもいい物はもちろんあったが、自重して見送る事にした。こんな日があるのも仕方ない。今月末には京都組合の大市もあるので、やはり今日は流した感じがした。市場を運営している人たちの事を思えば、ご苦労様という感謝しかない。

帰りに市場近くの「欧風堂」という洋菓子屋で「ワッフル」を買った。ここの「ワッフル」は京都で一番というくらい、うまい。洋菓子の味などわかるはずもないが、食えばわかると言いたいぐらいにいける。生菓子なので、買ってすぐ食べないとだめなのがいい。

今夜は冷える。パソコンに向っていると、冷気が足もとからまとわりついてくる。酒を呑んでもすぐに醒めるほどに寒い。それでも、この透明で清潔な空気がいい。雪でも降ればなおいい。京都に降る雪は本当に化粧のような雪なので朝が楽しみだ。
  1. 2014/01/15(水) 00:15:56|
  2. 古書組合の事など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブンブン堂のグレちゃん―大阪古本屋バイト日記(文庫) グレゴリ青山

グレゴリ青山の文庫で出た「ブンブン堂のグレちゃん―大阪古本屋バイト日記」を読んだ。
「彷書月刊」に連載されていた漫画をまとめたものが中心で、この連載はリアルタイムで読んでいたので、その面白さは知っていた。
今、読んで見ると、登場する大阪の古本屋さんたちをほとんど知っているので感慨深かった。独特の切り口で、古本屋で起こる出来事をコマ漫画で描いた内容はとにかくセンスがいい。
そして、何よりも古本屋に対する目線が愛に溢れている。ただ単に面白い人がいたとか、変なお客さんがいたというドキュメンタリーではない。著者自身の人生が古本やそれを商売にしている人々と寄り添っている様子がとてもいい。

古本屋は周りの普通の人たちが、自分をどう思っているかなんか考えていないし、周りに合わせようなんてしない。
でも、こんな風に思ってアルバイトをしてくれた人がいたなら感謝しなくてはいけない。
彼女のキャリアがこれからも順調である事を祈りたい。
  1. 2014/01/13(月) 00:56:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

初市の荷物

7日の初市の落札品を引き取ってきた。
結局、置きで入札した7口すべてを落札できた。映画のチラシ、パンフ、観光案内などで、大丈夫かいなと思いながら
見たが、物はいい。新年早々幸先がいいと思いたい。
ここのところ映画関係の品物がわりと出てくるので、今年は少し期待したい。

今回落札した品物の中に、古い海外向けというか、英語ですべて書かれた旅行案内のパンフの大きな山があった。
売れるのかどうか知らないが、この大量の旅行案内は昔の大きなアタッシュケースに入っていて、この鞄がとてもいい。
重くて、皮で年代を感じる古びた感じは映画の小道具にしたいぐらいだ。品物ではなくて、それが入っていた「箱」に魅了されて入札したが、買えてよかった。

今年は何かいい事ありそうな気がする。この理由も根拠もない気分が好きだ。
  1. 2014/01/09(木) 23:23:19|
  2. 古書組合の事など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都組合で今年初めての合同市

今日は今年初めての市が、洛書会・京美会の合同市という形で開催された。
昨年同様11時からなので、寒い中早めに出る。
荷物は目録で見ていたより多く、質もいい。人もいつもの倍はいる感じで、にぎやかな中始まる。回しは座れないほどの盛況だったが、向きのものが少なく、ひたすら品物を回す。お酒が出るので昼前から一杯やって気分はいい。家族的な雰囲気でみんなが集まって本を回しているのもいい。
何も入札せずに午前中は終了。
午後になっても、状況は変わらない。最終台に映画のチラシ、パンフがありこれは欲しい。
他にも観光案内のいいのやら、絵葉書やら、鉄道やら、雑誌やら、楽譜やら気になるものが一杯。
こんな時は最後まで見たかったが、きりがないので、入札だけしてこっそりと帰る。
落ちていたら明日取りに行く。新年早々何も買えないとまずいので、映画だけでも欲しい。それにしても京都組合としては上々のスタートが切れたと思う今日の市場の盛況ぶりでした。
  1. 2014/01/08(水) 00:47:41|
  2. 古書組合の事など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KSB店主

Author:KSB店主
<当店の案内>
<屋号>
株式会社京都スターブックス

所在地:京都市上京区中立売通千本東入丹波屋町366-2西陣マルマハイツ1F

営業形態:無店舗
<問い合わせ>
電話:090-3912-2402
FAX:075-463-5352
メール:dkfrm209@kyoto.zaq.ne.jp

<店主よりご挨拶>
映画、演劇、芸能、アイドル、音楽、スポーツ、SF、ミステリ、鉄道、歴史、美術、哲学、文学、絵葉書、引札、観光案内、写真、古文書など幅広く取り扱っております。
買い入れについては、独自のシステムでお客様の利益になるような方法を提案いたします。どんな品物でもまずは、ご相談下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
オークション関係 (7)
映画について (3)
古書組合の事など (52)
お知らせ (3)
本 (4)
その他 (2)
競馬 (1)
野球 (3)
スポーツ全般 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。